忍者ブログ

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

フリーエリア

[1]  [2]  [3]  [4

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

金本さんが発見した改善法

1日30分、30日で心身の不調を解消する方法を
発見したのは、金本博明(かねもと ひろあき)さんです。
大阪府大阪市住吉区にある、かねもと鍼灸整骨院で院長をしています。



金本さんは、29歳のある日、結婚を境に、
“うつ病“ になってしまいました。



夫婦生活も 育児も 仕事に対しても自信を失い、空虚感と
悲しさに襲われ、「自分には何の価値もない」と感じました。



そんな毎日に、自分の未来に希望が持てず、

このまま暗い人生で終わるのか?
オレの将来は、一体どうなってしまうのか?

という、将来への恐怖に 押し潰されそうになり、
夜一人で布団の中にこもって泣いたそうです。



そんな自分が嫌で、憎らしくて
「死んでしまった方が 絶対に 楽だ!」
と、真剣に考えたそうです。



そんなある日、東洋医学には、自律神経失調症や
うつなどを治す治療法があり、身体を治せば、それらを改善できる。
という文献を読んことを思いだしたのです。



そして、
「体の不調を治す仕事をしているのに、自分の不調すら治せないようでは
プロとして失格じゃないか!? ならば、先ずは自分の不調を治そう!」
と思いたったそうです。



それからは、自分自身がモルモットとなって、あらゆる流派の
カイロプラクティックや整体法を試したそうです。



その他にも、鍼灸、マッサージを初め、岩盤浴、漢方、心理療法、
催眠療法、自律訓練療法、行動療法、カウンセリング、暗示療法、
心理分析、断食、座禅、呼吸法、瞑想、サプリメント、民間療法…などなど。



その結果、心も身体も楽になった原因を検証していく内に、
1つ解ったことがあります。



それは…
7年間、「 仮説 → 実験 → 検証 」を繰り返した結果…
身体の最も重要な部分を改善することによって、
それまで “過重なストレス“ が根本原因だと思っていた
自律神経失調症やうつ病が改善していく…という事実でした。



その心も身体も楽になる方法を組み合わせ、且つ、金本さんが発見した
オリジナルの方法を試してみたところ…



なんと! 自律神経失調症やうつ病の症状が、
一つひとつ消えていったのです!!



完全に克服した時は「体って こんなに軽かったんだ!」
「克服したぞー!」と、大声で叫んだそうです。




 1日30分、30日で心身の不調を解消する方法を知りたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・自律神経失調症・パニック障害克服プログラム(サポート無)


PR

自律神経失調症になる誘因しは?

 それからの金本は、治療院に来られる患者さんに、
同じ方法を試しました。


すると、2,000人以上の患者さんを診ていると、心身の不調を起こす
「原因」と「結果」がハッキリと明確になったのです。



そして、自律神経失調症・パニック障害になる誘因は、
次の7つに絞られたのです。

○精神的なストレスからくるもの
○パソコンや日常の姿勢からくるもの
○ムチウチなど外傷からくるもの
○顎関節のユガミからくるもの
○喘息や鼻炎からくるもの
○呼吸からくるもの
○眼精疲労からくるもの



 これらの誘因により、自律神経失調症やパニック障害を
起こすことが解ったのです。



とは言え、これらは あくまでも誘因であり、根本原因ではありません。



その ”根本原因” を改善していないが故に、薬を飲んでも
カウンセリングを受けても、心身の不調を克服することができないのです。



では 一体、自律神経失調症や、パニック障害を克服する上で、
何が一番重要なのでしょうか?



 自律神経失調症の本当の原因は、“首” にある。
と金本さんは、断言しています。



 この続きを知りたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・

自律神経失調症・パニック障害克服プログラム(サポート無)




“X“ を改善すれば、症状は回復する!

 金本さんも、この事実に辿り着いた時は、
正直なところ信じられなかったそうです。



「本当に首が原因なのか?」と 自問自答しながら、
何度も「仮説 → 実験 → 検証」を繰り返して見ても、
やはり、この事実に辿りついてしまうのです。



 首には人体の中でも重要な「自律神経」が密集しています。
これは、体温や血圧の調節、呼吸、消化、代謝などを
コントロールし生命を維持しています。



この自律神経には 交換神経と 副交感神経の2つがあります。

交換神経は 緊張している時、危険を感じた時、興奮した時に
働く神経であり、心拍数や血圧を下げてくれます。

副交感神経は、リラックスしている時や 寝ている時などに働き、
心拍数や血圧を下げ、呼吸を減らしてくれます。



 私たちの健康を支えているのは、この交感神経と 副交感神経が、
バランスよく働いてくれているからです。



しかし、7つの誘因により首の筋肉の緊張が起きると、
交感神経が刺激されるため、副交感神経の働きが低下し
自律神経のバランスが崩れます。
それによって、自律神経失調症になると、金本さんは考えています。



また、脳への血流も悪くなるため、脳内の神経伝達物質の働きが低下し
うつ病になる。



そうでなければ、自律神経失調症やうつの症状として、
頭痛や吐き気、めまい、身体がだるい、無気力、イライラ、不安、
肩コリや首がはる、のどの違和感といった症状に、
悩まされるはずがありません。



ですから、首の筋肉の異常によって、副交感神経が圧迫され
これらの病気になると、医学的にも実証されているだけでなく、
今までの経験から 確信しているそうです。



 ですから、
“首“ を改善すれば、高い確率で、その症状は回復するのです。



 1日30分、30日で心身の不調を解消する方法を知りたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・

自律神経失調症・パニック障害克服プログラム(サポート無)



2,000人以上の人が改善した方法とは?

 自律神経失調症やうつ病を95%の改善率で治している、
松井Dr も言われている通り、”首”の筋肉の緊張やゆがみを直せば、
身体の不調を改善できると言えます。



その、脳神経外科の世界的権威の松井Drが実証されている理論に、
金本さんの実験、検証から得られたオリジナルの手法を加え、
完成させた治療法は、評判が評判を呼び、日本全国から
金本さんの元へたくさんの患者参加訪れています。



そして、金本さんは、これまで 2,000人以上の自律神経失調症、
パニック障害、うつの方を快方へと導いているのです。



つまり、この治療法は、7年間の身体の不調を改善する技術と知識、
そして、2,000人もの 患者さんから得た貴重なデータを元に
開発されたものなのです。



 だからこそ、この方法を実践すれば、自律神経失調症や
パニック障害を30日以内に改善できるのです。



なぜならば、既に95%以上の方たちが、効果を実感しているからです。



 1日30分、30日で心身の不調を解消する方法を知りたい方は、
下記サイトをご覧になってください。

 今すぐ・・・

自律神経失調症・パニック障害克服プログラム(サポート無)




自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状


 自律神経失調症には、これといった原因が
思い当たらないのに、いろいろな症状が、
身体面、精神面に現れます。


 医者に診てもらっても「特に異常ありません」と
言われることも珍しくないのが、この病気の特徴だと
言えるのかもしれませんね。


本当に、自律神経失調症は、身体面と精神面に
さまざまな症状が出ます。
それらの症状について紹介します。


セックスの刺激もストレスになるんでしょうか?

 (質問)

 自律神経失調症の女性とのHは大丈夫ですか?
あらゆる刺激が、ストレスになると聞きました。
セックスの刺激もストレスになるんでしょうか?

逆に、適度な運動ということで、
自律神経失調症の症状改善になるのでしょうか?



 (回答)

>自律神経失調症の女性とのHは大丈夫ですか?

相手の方をバカにしていませんか?
セックスをすることに対して、ストレスとか適度の運動とかを
質問すること自体問題があることのように思います。

大事なことはやはり愛情です。
神経症の方のほとんどは愛情に飢えています。
愛という生きる力が見えないのが神経症の特徴です。

不安定で崩れやすく見えにくい感情の中にいる女性と、
うまくセックスができる自身があるのなら大丈夫です。
もし、その自身がないのなら、もう少し優しく彼女に接してあげてください。
そして完全な親密感を持ってからセックスにのぞんでください。

もし、あなたが自律神経失調症に知識がないのなら少し勉強してください。



自律神経失調症はどうすれば治りますか?

 (質問)

 自律神経失調症はどうすれば治りますか?



 (回答)

自律神経失調症を治すには、まずは、自分の体の具合を
チェックしたほうがよさそうですよね。

通常、自律神経失調症は大人でも子供でも発症し、
自律神経失調症を特異的に治す薬はありません。
医師が治す病気でもありません。
自律神経失調症の治療には、薬物療法が効果的な場合もあるし、
心理療法が必要な場合もあります。
そのほか、鍼灸、指圧、マッサージ、電気療法などの治療法もあります。
また、ヨガや太極拳、カイロプラクティック、オステオパシーなどもあります。
もちろん、このほかにも、生活習慣の改善や、食生活の改善なども
見直す必要があります。

自律神経失調症の治療は、原因によって肉体的な症状に対しての治療になるのか、
精神的な症状に対しての治療になるのか分かれます。
また両方に同時にアプローチしていくことも多いです。
どのような治療があるのかを知ることは、病気を治す大事な要素です。

また、具合が悪い時は、会社を休んでも、まず、からだを治すことが
先決だと考えることも大切です。

自律神経失調症の症状には、以下のようなものが含まれます。
1:だるい、疲れやすい。
2:めまい、立ちくらみ。
3:頭痛、肩こり。
4:動悸、息切れ。
5:食欲不振。
6:冷え、のぼせ。

自律神経失調症は普段の生活から自律神経のバランスを崩すことで生じる病気です。
やはり精神的な要因が強く、うつに近い症状にもなるようです。
あなたの自律神経失調症度をチェックしてみましょう。
□めまい、立ちくらみがする
□心臓がドキドキすることがある
□何かするとすぐ疲れてしまう
□朝、なかなか起きられない
□手足が冷える
□立っていると気分が悪くなる
□午前中は気分も体調も悪い
□乗り物酔いをする
□顔や手足など局所的に汗をかく
□ムカムカして吐きたくなることがある
□頭痛や肩こりのすることが 多い
*チェックした項目が多いほど、可能性が高くなります。
あなたは、大丈夫ですか?


オススメの本も、アマゾンから売られていますので
ご紹介いたします。

アマゾンのレビューより。
「あちこちの具合が悪く、不定愁訴を感じたり、更年期障害や
ストレスからくる神経症を感じているなら、医者にかかる前に
読んでみては?」というメッセージもあるほどです。


身心の異常を少しでも感じているなら、読んでみてはいかがでしょうか?

自分で治す「不安症・自律神経失調症」―心身の不調を改善する西尾式心理療法のすすめ





頑張り過ぎないで下さい

 もしかしてあなたは、自律神経失調症を治そうと
一生懸命になり過ぎていませんか?


 「薬をしっかり飲んで、なんとか早く治さなくては・・・」

 「子供のためにも明るく元気にふるまわなければ・・・」


もしあなたがこんな風に思っているのであれば、
大きな勘違いをしています。実は…

 「治そうと一生懸命になり過ぎ」

は逆効果なのです。 




 自律神経失調症の本当の原因として考えられるのは以下の2つです。

 ● 日常生活における『生活環境』によるストレスの蓄積

 ● 日常生活の『生活習慣の乱れ』によるストレスの蓄積



 日本人はこの原因とそれを取り去るには、
「必死になり過ぎてはだめだ」という事実を知りません。


 身のまわりの人に聞いてみてください。
治そうと一生懸命になっていませんか?と。


するとほとんどの人が、もちろん!
一生懸命になるのは当然でしょ?と答えるでしょう。
でも真実は違います。


一生懸命に治そうと思っても良くなるものでもありません。
治そうと一生懸命になり過ぎるから治らないのです。


この事実をふまえ、もう少し具体的に説明します。
あなたも経験があるように、勉強や仕事でも目標に向かって
一生懸命に努力します。


ですから、自律神経失調症の治療も一生懸命になりますよね


 目標に向かって一生懸命努力することは大事です。
あなたが、今まで何かを成し遂げたことがあるなら分かるはずです。


努力しないで、一生懸命にならないで、
成功することなんてあり得ません。
それどころか、一生懸命に努力しない時は罪悪感さえ覚えるでしょう。



だけど、自律神経失調症については、違うのです
一生懸命になり過ぎることは逆効果なのです!


子供のころ発表会で、努力したけど上がってしまって、
結果は駄目だったという経験がありますよね。
それは、一生懸命になり過ぎたからです。


普段、一生懸命に努力しなければならないと
親からも学校の先生からも教えられてきたのですから、
一生懸命になるのはある意味当然のことです。


自律神経失調症に関しても例外ではありません。
多くの患者さんが一生懸命に治そうと努力していますが、
一生懸命になればなるほど逆効果なのです。



多くの人は勘違いをしていて、一生懸命にならないから
治らないという発想になってしまっているのです。


そうではないということを、あなたにもご理解
いただきたいと思います。


一生懸命になり過ぎずに、自然体に任せて、
自律神経失調症の症状を導き出しているストレスを
解除することが大事なのです。


これが今まで一般的に多く語られてきたストレス
解消法の見落としてきた大事な点です。


この事実を知らないから、まだ誤解している人が多いのです。
治すことに一生懸命にならないから自律神経失調症が
治らないというのは、今までの常識に問題があるからなのです。


治すことに一生懸命になりすぎずに、
自然体で気楽に構えていれば、今まで治らなかった
自律神経失調症が回復するのです。


回復するどころか、自然体になればなるほど、
本来の自然治癒力が強くなり短期間で自律神経失調症は解消します。







自律神経失調症に対する大きな勘違い

 あなたは、自分に合ったお薬があれば
簡単に自律神経失調症が治ると思っていませんか?


実は薬を飲み続けるのは、「体」にも経済的にも良くありません。

自律神経失調症用の薬について簡単に説明をすると
一般的に薬は痛みを感じなくしたり、症状を緩和するために服用します。


しかし、薬を服用し続けることに、誰もが不安や心配を覚えます。
まして、自分の大切な神経に関係してくるとなればなおさら
その不安が大きくなるのではないでしょうか。


「自律神経失調症を確実に回復させたいけど薬を飲み続けるのは怖いから嫌だ」

「副作用や後遺症・・・・薬物依存とかの可能性もあるから嫌だ」



あなたもこんな気持ちになったことが、きっとあると思います。
実際に、薬の副作用や事故などの報告がたくさんあります。


薬によって、自律神経失調症が解消すると断言することはできません。
ですから、薬を服用すれば改善するとは言えないのです。










忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne